清田育宏



    1: 名無しさん 2017/02/11(土) 16:18:39.18 ID:neG7dFVv0

    今年も、あの子がやってきた。

    沖縄・石垣島でキャンプ中のロッテ清田育宏外野手(30)は8日、個人練習を終えて帰ろうとすると、丸刈り頭の男の子から「キャッチボール、しようよ」と誘われた。
    「疲れてるから、やだよ」。「できるでしょう。やろうよ」。「しょうがないな~」。
    そう言いながらも、うれしそうにリュックにしまったグラブを取り出した。

    田渕尊(たぶち・たける)君は4月で小学4年生になる野球少年だ。
    室内練習場の横の空き地でボールを投げ合っているのを見たが、清田は結構な強さで放っていた。
    10歳に満たない子供相手の強さじゃない。それでも、尊君は平気でキャッチして、また結構な強さで投げ返していた。
    「うまくなってたよ」と、清田も目尻を下げた。実は尊君、毎年、この時期になると球場に現れて、清田にキャッチボールをおねだりしているのだ。
    今年で4年目。初めて来た時は、まだ保育園児だった。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1486797519/

    【ロッテ清田 地元少年のキャッチボールのおねだりに目じりを下げて「しょうがないなー」 今年で4年目】の続きを読む

    このページのトップヘ